季語 10月@10月の季語をご紹介

季語 10月@10月の季語をご紹介
10月の季語を中心に秋の季語など手紙の季語を紹介します。また、俳句季語なども掲載予定です。

季語 10月 下旬【季語10月下旬文例集】c5

季語10月のうち、
主に10月の下旬に使用されるものの文例・例文集です。

灯火親しむべき候、
秋の夜長は何をしてお過ごしですか。

深まりゆく秋の日ざしの中、
なんとなく心静まる思いがいたします。

すっかり葉の落ちた柿の木に、
真っ赤並みがたわわになって枝をしならせております。

夜長になんとなく、
もの寂しさを覚える季節になってまいりました。


季語10月文例集】


季語 10月 下旬【季語10月下旬文例集】c4

季語10月のうち、
主に10月の下旬に使用されるものの文例・例文集です。

味覚の秋、
八百屋の松茸の前で、
しばし逡巡するこのごろです。

秋の夕暮れの物寂しさに、
何とはなしにため息のもれるこのごろです。

季節も最高、味覚も最高。
十分に楽しんでいらっしゃいますか。


季語10月文例集】


季語 10月 下旬【季語10月下旬文例集】c3

季語10月のうち、
主に10月の下旬に使用されるものの文例・例文集です。

錦秋のみぎり、
皆様いかがお過ごしでしょうか。
お伺い申し上げます。

紅葉の便りが聞かれる頃となりました。
紅葉狩りが楽しみです。

野山は、
もうすっかり秋色です。
ご機嫌いかがでしょうか。


季語10月文例集】


季語 10月 下旬【季語10月下旬文例集】c2

季語10月のうち、
主に10月の下旬に使用されるものの文例・例文集です。

南に帰る鳥を送り、
北から来る鳥を迎える、
まさに渡り鳥の季節です。

土手の薄がしっとりと穂を垂れ、
涼風に揺れながら物寂しい秋の風情を漂わせています。

初雪の便りも聞かれ、
なんとなく肌寒さを感じるこの頃です。


季語10月文例集】


季語 10月 下旬【季語10月下旬文例集】c1

季語10月のうち、
主に10月の下旬に使用されるものの文例・例文集です。

秋冷のみぎり、
めっきり涼しくなりましたが、
風邪などひいてはいませんか。

そろそろ秋の取り入れも終わり、
ほっとされている頃でしょうか。

あれほど騒がしかった虫の音も、
いつしか細々となってまいりました。


季語10月文例集】


目次
新着記事
サイトマップラス
Powered by SEO対策